Search

人妻しか愛せない

不倫の闇に溺れていった男のブログ

男性

妻が出世して自分より高年収に…プライドが許せなかった

長年勤めた会社の今後の雲行きが怪しくなったので、30代半ばで思い切って転職をしました。
転職については妻も納得してくれていて、私の稼ぎが安定するまでは専業主婦だった妻が仕事をはじめることで、今まで通りの生活を保っていました。

転職活動は非常にスムーズに進み、転職先もすぐに見つかりました。

資格をいくつも持っていたことと今まで積み重ねてきたキャリアが評価された結果でした。
転職した先の職場はとても良い雰囲気で、毎日の仕事もとても楽しく、このまま頑張れば元の稼ぎまですぐに到達できると確信していました。
そんな私の予想通り、前の会社で貰っていた給料と同じだけの給料を貰えるようになるまでに、そんなに時間はかかりませんでした。

しかし、専業主婦だった妻の仕事も同じようにとても上手くいっており、私が前いた会社で貰っていた分の給料と同じだけ今の会社で稼げるようになる頃には、彼女の給料は私の2倍ほどになっていたのです。
私が知らないうちにみるみる出世して、気付いたら専業主婦の面影もない程のビジネスウーマンに変わってしまっていました。

私の稼ぎだけで安定した暮らしが十分できるようになっても仕事を辞めることはなく、むしろ稼ぎの少ない私に対してのあたりがどんどんとキツクなっていきました。
そのことで私のプライドは傷ついていき、日々ストレスばかり抱え込むようになっていきました。

そんなある日、私に女性社員から食事の誘いがありました。
私よりもいくつか年下のその女性社員は、以前仕事で私がミスをサポートをしてあげたことに対して大変感謝していると言い、もし都合が良ければ食事を奢らせてほしいと言ってきたのです。

私はすぐに彼女の言葉の真意を察しました。
以前からよく目が合うなとは思っていましたが、まさか既婚者である私にこのようなアプローチをしてくるとは思っていなかったので、はじめは戸惑いました。
しかし、その時脳裏に妻の暴言や馬鹿にした態度が過ぎったのです。

私は彼女の誘いにイエスと言っていました。
その食事の日から年下の女性社員との隠れた交際がスタートしました。

彼女はとても優しく、いつでも私のことを尊敬のまなざしで見つめてくれます。
彼女が私の傷ついたプライドを慰めてくれました。
これが不倫であることは分かっていますが、この関係が無ければ私はどうしようもなく惨めでつまらない生活を送っていくことになっていたでしょう。

そんなのは男として耐えられませんでしたから、仕方のないことです。
妻が自分よりも出世して、自分よりも高い給料を貰っているという事実に対し、どうしてもプライドが許せませんでした。
今でも不倫は続けていて、とても充実した日々を送っています。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2017 人妻しか愛せない . All Rights Reserved.